医療法人社団創造会 メディカルプラザ平和台病院 千葉県我孫子市 | 糖尿病内科

ホーム > 診療科目のご案内 > 糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病内科の特色

糖尿病とは、血糖値があがり、尿の中に糖がでてしまう病気です。
自覚症状として、多尿、口渇、多飲、体重減少、易疲労感などが典型的ですが、これらはかなり血糖値が高いときに認められるもので、実際は無症状であることがほとんどです。

ところが、無自覚であるがゆえに放置していると、数年後に、細小血管症(網膜症、腎症、神経障害)や大血管症(心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病足病変)などの全身の血管の慢性合併症をひきおこし、著しい生活の質の低下や、時には生命さえも危ぶまれることになります。

糖尿病内科では、血糖値のコントロールのみならず、全身の合併症を調べ、予防や進行を遅らせる治療を行います。

扱う疾患

糖尿病を中心に、メタボリックシンドロ-ム、高血圧症、脂質異常症、脂肪肝など、生活習慣病と称される疾患の治療や予防を行います。
また、インスリンの導入も、基本的に外来で行っていますので、入院ができない方でも、外来通院でインスリン治療を始めることができます。専門の栄養士による栄養相談も個人指導の形で行っており、日常生活に即した栄養指導を何回でも繰り返し受けることができます。

合併症の精査で特別な検査が必要な方や、合併症が進行し、狭心症の治療や透析が必要な方には適切な専門病院を紹介し、近隣の病院と連携を保ちつつ治療をすすめています。

患者さまへ

糖尿病である、あるいはその疑いがあると病院への受診をすすめられているものの、ためらっていらっしゃる方、どうぞお気軽にご相談にお越し下さい。

生活習慣病としての糖尿病が強調されすぎるあまり、半信半疑でいらっしゃる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。糖尿病の診断は、あくまで、血糖値のみを基準にしたものであり、その病態は個々人、実に様々です。
どうすれば、ご自身の糖尿病と上手く付き合っていけるのか、 一緒に考えてまいりましょう。

また、合併症の進行を認めている方でも、後ろを振り返ることなく、今できることを最大限に行って、対応策を考えましょう。「糖尿病の主治医は患者様ご自身です。」そのお手伝いができればと願っております。

担当医

糖尿病内科  担当医師 坂本敬子